CROSS TALK CROSS TALK

まずは初めて会った時のお互いの印象を教えてください。

山岸瀬尾さんが就職活動している時私は営業部で説明会の時が初めてかな。
それで懇親会の時に話してサイゼリヤでバイトをしていたということを聞いたのを覚えていて。私もイタリアンでバイトしていたから共通点だなと思った。 だから私の中ではサイゼリヤくんっていう印象だったと思う。

瀬尾 入社時全員の前で挨拶する機会がありまして、インパクトがある方がいいかと思ってそこでもサイゼリヤのことを言ったんですけど、誰も何も反応してくれなくて(笑)

山岸瀬尾さんが朝礼でスベったのは私のせいかと気にしてた・・・(苦笑)

イメージ画像

イメージ画像

瀬尾 山岸さんは説明会の時に質疑応答で対応してくれていたからか懇親会でも覚えてました。でも8年も前の事なので最初の印象は覚えてないですが、唯一覚えているのは営業らしい明るい人だなって。この人が先輩だったらやっていけそうって思いました。
実際に入社したら異動されて営業じゃなくなってたんですけど(笑)

『ここが変だよ日本サーキット』
他社ではない日本サーキットならではの特色を教えてください。

山岸みんなすごく仲いいよね。

瀬尾そうですね、みんな仲はすごくいいです。仕事がしやすい環境だなって思います。仕事の事で無茶言っても嫌な顔をする人はいないです。快く相談に乗ってくれます。

山岸ワンフロアで同じ空間で仕事をしているし話しやすい人は多いよね。

瀬尾新入社員の時はわからなかったんですが、社内環境は結構大事だと思っています。コミュニケーションが取れないと案件もクレームにつながったりするので。ただ仲がいいだけじゃなくて仕事やものづくりにおいてダメなものはダメ、いいものはいいと言い合えるプロフェッショナル集団だと思います。

瀬尾例えば大きい会社になると稟議を通すのも、そしてその稟議がおりてくるのも時間がかかると思いますが、JCは決断までが早いです。
トップダウンではなく意見を言えばちゃんと経営側も真剣に検討してくれます。風通しの良さはすごく感じます。

山岸あとは仲がいいっていうと社員旅行とかイベントの出席率は結構いいよね。多分7〜8割ぐらい参加してる。

イメージ画像

瀬尾用事があって1日だけとかの参加で途中で帰ってしまう人もいますがそれぐらいは参加してますね。

山岸でも全体でやる飲み会は少ないよね。だからそういうイベントに集まりがいいのかな。

瀬尾区切り区切りで忘年会、新年会みたいな全体で行う飲み会ぐらいですよね。他の会社と比べたら少ないかもしれないですね。
あとは部署ごとに集まってますね。

山岸部署ごと結構仲いいよね!

瀬尾1つのプロジェクトが終わったり、第1四半期終わりとかそういう息抜きは部署でやってます。

先輩や上司が今日飲みにいこうぜ!みたいなのってないんですか?

瀬尾全体的にあまり強制はしない文化ですね。

山岸そういう誘いがないわけじゃないけど…早く帰れる時は早く帰りたい(笑)飲みにいくよりはランチにいくことが多いかな。

瀬尾求人広告を見るとアットホームな会社というのをアピールしている会社は沢山ありますが、私は半信半疑です(笑)JCの場合は本当にそのままでアットホームです。休み時間になるとサークルみたいに盛り上がったりしますし上下関係もそこまで厳しくなく、非常にフラットです。

イメージ画像

山岸1人1人がそれぞれ個性があってしっかりしてる。特定の人やグループでつるむという感じではなく気があったら行くみたいな。

瀬尾率先して誘って引き連れてみたいな人がいないです よね。

山岸部署にひとりぐらい?

瀬尾そうですね、それがいいのかもしれないです。

山岸私の先輩はキャリア採用で入社してきた人だけど今はその時の先輩は結構いなくなってしまって。なので今いるメンバーは新卒入社がほとんどだからJCの雰囲気に染まっている人が多くて仲がいいのかもしれない。

瀬尾でも厳しいところは厳しいですよね。あまりにもシーンとしてる時があって会話あるのかなって心配になりました(笑)

仕事において大切にしている価値観を教えてください。

イメージ画像

瀬尾私は営業なのでお客様のことを第一に考えています。
営業って基本的には調整役でして、見積もりやスケジュールや問い合わせなど全部やります。その中でお客様がこのタイミングでどう返信してくるか、次はこういうことを聞いてくるんじゃないかと予想して先回りして伝えたり行動するようにしています。
そうすることでお客様の手間を減らし、次の案件に繋がったりします。

社内では部署間でそれぞれが何をしているかある程度把握してどれぐらい時間がかかるか計算して無理のない範囲でお願いをしています。アットホームで仲は良くても親しき中にも礼儀ありではないですが、そういう部分ではしっかりケアすることを意識しています。
例えばメールの文面でも「お願いします」の一言よりも「期間が短くて申し訳ないですが」を添えた方が受け取り手からしても協力的になってくれますよね。

山岸私もお客様を第一に考えるというのは一緒で。お客様と直接やり取りしたり営業とやり取りしたり、工場に対しても無理しない程度に、でもどれだけお客様の要求に合わせられるかどうかをシビアに考えるかな。

今の部署だと全部署と関わるから全体の流れや忙しさを把握していないとお願いすることも出来ないし。その辺は普段のコミュニケーションを大切にして状況を把握したりしてます。

2人が考える日本サーキットの今後

山岸エレクトロニクス業界って成長市場ではないしこのままずっと受託事業が伸びていくとは思わないので、JCブランドで世の中に沢山の商品を出していきたい。そうすればまだまだ会社は大きくなるかなと。

瀬尾個人的には営業スキルをもっと向上させて他の業界を相手に出来るようになりたいです。請負事業でエレクトロニクス業界でやってますが、JCがいつどこで他の業界に踏み込むかわからないので、常日頃から新聞やメディアでアンテナを張っています。営業トークでは限界がありますし、別業界で新規の営業に入った時にその会社や業界の事知ってるの?っていわれた時にそれがしっかり答えられるようになりたいです。

イメージ画像

今後必要とされる人材はこんな人

瀬尾シンプルにいうと責任感がある人です。学生であればレポートの提出期限を守ってさえいれば良いと思うんですが、ビジネスでは納期があって期限前に出すことが必須です。レポートと違って提出することで終わりではなく、その後色々な人や会社が連動して最終的にお客様に価値を提供します。ですので早く提出することで余裕をもって手直しを進められる、他の業者さんやお客様に明確な回答が出来る、など最終的な価値の提供に対してより質の高いものを提供出来るように自分の仕事に責任を持ってもらいたいです。
そういうことが出来る人だったら今後必要とされるんじゃないかと思います。

山岸JCは小さくはない規模なんですが私の部署は何でも屋的な立ち位置なので自分の業務範囲を限定せずに言われたらなんでもやれる人がいいかな、困ってるなって思ったらアクション取れる人とか。世間的に自分の仕事はここまでって区切りをつけるひとが多いような気がして。

瀬尾チームで動いてるから周りを見てほしいですよね。

山岸うちは社長発信でいろんなことやったりするので。それに臨機応変に対応できることが大事かも。

瀬尾新入社員に入社してすぐにそこまで求めないですけど(笑) でもそういうことが出来る人がいいですね。
だからシンプルに責任感が大事だと思います。